チュートリアルを用いての導入

ETS Insideを一言で言うと

ETS Inside がお客様の日常生活をどのように 変化させ るかを 、 この 概要をまとめた ビデオでご覧ください。

 

ETS Insideを使用する

この 手引書を 使用すると、 ETS Inside を すぐに使用 することができます。 このビデオでは、 そ のプロセスを 順番に 説明 してい ます。

 

KNXでどのように始めたら良いの?

KNX 協会で は、 プロフェッショナルになる為の トレーニング ・ ツールが用意されています。 KNX e アカデミーからオンサイト ・ トレーニング や膨大 な 情報を含む ライブラリ を ご自由にお使いいただけます!

 

システム必要条件

ETS Insideサーバーは以下の環境を必要とします。 

Microsoft Windows 10
CPU: ≥ 2 GHz
RAM: ≥ 2 GB
HDD: ≥ 20 GB
RES: ≥ 1024 x 768 

ETS Inside は以下のハードウェアおよびソフトウェアを必要とします:  

iOS 用の ETS Inside

  • iOS バージョン : 9.0 以降
  • 関連デバイス : iPad
  • Apple Store からダウンロード : ダウンロード

Android  用の ETS Inside

Windows  用の ETS Inside

  • Windows バージョン : 10.0 以降
  • Windows Store からダウンロード : ダウンロード
 

互換性のある製品

ETS Inside は、全ての KNX 認定デバイス( ETS Professional を 必要 とする設定用の プラグインを使用する既存の製品)をサポートしています。 ETS Inside のインストールは簡単です。互換性のある コンパクト PC を既存の KNX プロジェクトに差し込むだけで、お客様の家はすぐにスマート ・ホーム になります。

  • 最近発売された KNX デバイスの一覧は こちら から
  • KNX 認定デバイスの一覧 こちら から

ドキュメント

ETS Inside の導入編は、非常に分かりやすい役に立つ情報をまとめたパンフレットとなっています。