Zur Startseite

メーカー・ツールについて

Manufacturer Tool

定義

メーカー・ツール は、主力で、KNXの製品データベースの入力に準拠して作成する為のメーカー独立ツールです。KNXのメーカーは以下を行う為にこのツールが必要です:

  • ETS 製品データベース入力の作成とテストを行う為
  • KNX協会認定の製品データベース入力を所有する為

KNX メーカーによって認定された後は、主にインターネットと通してダウンロードできる製品カタログとして、製品データベース入力を提供します。ETS にこのデータをインポートした後、プロジェクトの試運転で製品がご利用可能となります。

メーカー・ツールは、KNX 会員のみご利用可能です。

詳細

KNX デバイスを販売する為には、少なくとも以下の開発を行う必要があります。

  1. KNX ハードウェアの社内開発(もしくは OEM を通して外部で取得)
  2. このハードウェア上で KNX ソフトウェア開発を行う  KNXデバイスは一般的にはこの1と2の手順を組み合わせてエンドユーザーに販売されます。
  3. KNX デバイスの為の ETS 製品データベース入力の開発/作成

この段階はメーカー・ツールと一緒に実行されます。製品データベース入力は、設定の為にETSで必要な情報等の全ての設定データを含み、KNX バスを介して、確実にデバイスをロードします。製品データベース 入力は、会社のウェブサイトでダウンロードすることによってご利用可能です。もしくは、電子ETSアプリケーション・オンラインKNX製品カタログ、CD-ROM、 Emailで配布されています。

単一の「製品データベース」入力は「カタログ」入力とも呼ばれています。

ETS4/5の用意することによって、メーカー・ツールはETS3 、ETS4、ETS5等の異なるETS のバージョンの製品を作成することができます。新しく開発されたメーカー・ツールは、Visual Studio © 2013 IDE に統合されており、それらの環境下でお使いいただけます。

Allgemeiner Ablauf