Zur Startseite

Falcon – 特徴

5.0からの新機能

  • サポート対象内のコネクタ: Falcon .NET は、 USB EMI1 、 USB cEMI 、 KNXnet/IP トンネリング、 KNXnet/IP ルーティング、 KNX RF をサポートしています。 KNX 協会はシリアル・インターフェイスをサポート外とすることに決定しました。 
  • .NET アプリケーション対 COM サーバー: COM サーバーとして実装される Falcon 2.x の代わりに、 Falcon .NET は、独自のアプリケーションに統合する必要がある .NET コンポーネントとして実装されます。各アプリケーションは、独自の Falcon を搭載する必要があります。したがって、新しい開発技術を Falcon 5 および Falcon .NET と呼びます。 
  • ライセンス供与: Falcon .NET は、ライセンスの仕組みを含んでいません。 
  • セットアップ: XCOPY 開発がサポートされています。既存の Falcon バージョン 2.x と並行インストールがかんたんにできます。 
  • 64bit をサポート: 64bit ネイティブ・クライアント・コンポーネントとして、 64bit のプロセス内で Falcon .NET が使用可能になりました。 
  • ロギング: 1 つのログ・ファイルにのみ書き込まれる等、新しいロギング・コンセプトを含みます。 
  • Limiting : デバイスと KNX システムの重要な操作へのアクセスは、 Falcon .NET の KNX メンバー(メーカー)バージョンに限定されています。

2.2からの新機能

  • バグ修正  Falcon のセットアップに必要な Microsoft 相互運用機能アセンブリを追加しました

2.1からの新機能

  • 個別 - アドレス - 管理、トンネリング・サーバー上に複数で IA#s をメンテナンス  ETS4で更新された製品の説明(カタログ)で、複数の可能なバス・アクセスとのインタフェースの効率的な保守/検討が可能。ファルコンは、必要な基本機能を搭載
  • CEMI トランスポートを介してローカル KNX/ IP および USB ダウンロード  KNX/ IPおよびUSBデバイスを直接ダウンロードすることをサポート(デバイス自体がダウンロードをサポートしている限りはサポートされる)。 ETS4はこの機能を制御するための通信オプションを搭載

2.0からの新機能

  • ローカル・ゲートウェイ管理機能を追加  数行のコードで、ローカル・ゲートウェイの設定を読み込み・書き込みが可能。これは、個別アドレス、ドメイン・アドレス、中継フラグを含む。
  • KNX/IP のエラー処理の改善  KNXnet/ IP接続のエラー処理を改善。接続が無効になると、ファルコンは定期的に再接続を行う
  • ライセンス取得の変更  ライセンスを削除。すべてのファルコン機能は制限なく使用可能。既存のファルコン・ベースのソフトウェアは、新しいファルコン2.0と何の問題もなく動作する

1.8からの新機能

Windows7 32 ビット用の Falcon をリリース

1.7からの新機能 (バグを修正バージョン)

  • on USB接続での絶えず増加するメモリ消費量の修正
  • 故障したKNXnet/ IP接続での間違った時間情報を修正
  • 埋め込まれたファルコンを持つ外部ソフトウェアによるETS3ファルコン・ファイルの非インストールを防止
  • IP「ルーティング表示」にフレーム繰り返し情報の間違った設定を修正
  • windows 2008 server 上でのFalconセットアップを遮断

1.6からの新機能

  • 接続管理のローカライゼーションをサポート

 

1.5からの新機能 (このバージョンは、スタンド・アローン・パッケージとしては未リリース)

  • ランタイムおよび開発環境を.NET2.0 とVisual Studio 2005に更新。
  • Long Framesをサポート
  • KNXnet/IP ルーティング・プロトコルをサポート
  • Windows 2003 Server はサポート対象外です
  • Windows 2008 Server はサポート対象外です

1.4からの新機能

  • 全てのWindows Vista 32-ビット・バージョンをサポート
  • Windows 2003 Serverをサポート
  • ライセンシングを更新。よりフレキシブルに

1.3からの新機能

  • KNXnet/IP protocol をサポート。この新しいプロトコルは「KNXnet/ IP」として知られており、EIBlib/ IPのための代替品 (iETS).
  • 細く:KNXnet/IPが必要。NET Framework 1.1
  • 注意事項: Windows NT4はこのバージョンからサポート対象外に

1.23からの新機能

  • IConnectionManager インターフェイス。 IConnectionManagerは、KNXバスとの接続を確立し、設定するために、エンドユーザのために使いやすいユーザインタフェースを提供

前のバージョンからの機能

    • USB (バージョン1.23からの新機能)
    • EIBlib/IP (iETS)
    • RS232:PEI-16 とPEI-10
  • KNX アクセス (r/w = 読み取り/書き込み, cl/co = コネクションレス, コネクション型):
    • グループアドレス r/w
    • メモリ・アクセス r/w
    • 物理アドレス: ネットワークの接続の確認、スキャン、読み取り
    • プロパティ・アクセス r/w cl/co
    • ドメイン・アドレス r/w
    • プロパティ詳細 読み取り
    • ローカル・デバイス・サービス
  • Microsoftのインストール技術(MSI)に基づくセットアップ これはお客様のアプリケーションにファルコンの統合をするのを簡単にします。ファルコンの再配布可能なマージ・モジュールのみを統合する必要あります。ファルコン・コンポーネントの配置に関しては、ヘルプ・ファイルで提供される情報をご注意してお読みください。
  • ドメイン・アドレス・スキャン の為のネットワーク管理機能 KNXハンドブックで定義されたすべての個別アドレスとドメイン・アドレス為の、INetworkManagement インターフェイス・スキャンからのドメイン・アドレス・スキャン・メソッドは、数時間かかることがあるので注意ください。またINetworkManagement3インターフェースからのDomainAddressScanExを使用することもできます。ここでは、スキャンの微調整ができます。また、このスキャンは例えば第二のスレッドから呼び出され、CancelDomainAddressScanメソッドを使用することで中止することもできます。