Zur Startseite

KNX会員について

お客様の会社がメーカー、サービス・プロバイダー、または関係者であり、以下に興味がある場合、KNXメンバーシップにお申し込みいただけます。

  • お客様の製品開発にKNX テクノロジーを使う場合
  • KNX公認製品と技術開発サポート・ラインにアクセスを持つ場合
  • KNX 技術ワーキング・グループに積極的に参加する可能性を持つことによりKNX技術を進展させる場合
  • KNX マーケティング・グループ内で協力し、KNX の共通のコミュニケーションから利益を挙げられる場合(積極的な参加者である場合も可能)

メンバーシップ・カテゴリー

協会の条項と社内規定の内に挙げられている関係のある規定を遵守する事業体は、 KNX 協会のメンバーになることができます。次に挙げられるカテゴリーが存在します。

特徴 株主 ライセンシー・ライセンス料に基づく使用料 当事者

KNX仕様書&ツールへのアクセス権

KNX認定書へのアクセス権(製品のKNX のロゴ)

KNX技術におけるKNX特許プールの無断使用 権

決定過程の参加権 (総会& ワーキング・グループ)

無(ゲストとしてのみ参加可) 無(ゲストとしてのみ参加可)

協会が提供する全ての情報とサービスのアクセス権

義務

  • 協会の条項 内に定義されてあるように、協会の使命と目的に適合するマナーで行動する
  • 当事者でない場合は、KNXの仕様の適合性と認証の項にあるように、KNX協会の製品の適合性と認証規約に従うこと
  • 年間または全額に基づく使用料を滞納することなく支払うこと
  • KNX協会が発生させた負債においては、株主は有限責任を持っていることとする-購入した株と年間使用料の額が上限となる。ライセンシーにおける同適用は、年間ライセンス料が負債の上限になり、第三者においては年間メンバー料金が負債の上限となることとする。
  • 協会のIPR 使用許諾書商標使用許諾契約を既に締結している場合は、会員は契約の条件を遵守しなければならないこと

サービス

管理委員会は、総会によって承認を必要とするメンバーシップ料等を含む、活動のリストを編集する場合があります。
A. 協会の活動:

  • バス標準規格のプロモーション
  • バス標準規格の開発とメンテナンス
  • 手引書
  • 標準規格の通訳のメンバー・サポート
  • 標準化活動
  • IPR管理
  • 運営

B. ツールの為の活動:

  • KNXツールの開発
  • KNXツールの販売とサポート

C. 第三者によって提供される作業

  • 製品の為の適合テスト

メーカー・コード

各会員には(当事者を除く)、リクエストにより製品を一意的に特定する為に使用されるメーカー・コードを割り当てられます。

不必要なメーカー・コードの割り当てを防ぐ為に(会員が市場で未アクティブな場合など)、市場で実際に製品を売り出そうとする直前のみ、会員はメーカー・コードをお申し込みいただけます。