Zur Startseite

標準規格

ISO
IEC
CENELEC
CEN
 
SAC
ANSI
ASHRAE
 

KNXは以下として承認されています:

  • 国際標準規格 (ISO/IEC14543-3)
  • 欧州標準規格(CENELEC EN50090 とCEN EN 13321-1 と13321-2)
  • 中国標準規格dard (GB/T 20965)
  • ANSI/ASHRAE標準規格(ANSI/ASHRAE 135)

一産業から世界標準に:

Batibus、EIB 、EHSの収束

KNX になる以前の仕様:Batibus、EIB、EHSは1990年代初頭に作られました。当時、誰もが未来を予期していませんでした。家とビル制御の為のそれらの3つの非常に重要な ヨーロッパ内でのソリューションは、最初は別々に市場を開拓しようとし、以後ヨーロッパでの標準化での居場所を見つけようとしました。EIBは、ドイツ語圏とヨーロッパ北部の国々で成功を収め、Batibusは特にフランス、イタリア、スペインで成功を収めました。EHSは家電メーカーの為の望ましいソリューションになりました。

1997年、上記の仕様を担当する3つの組合は、国際標準規格としても提案可能な、新しく一般的な産業の標準化規格を開発するという目標を持ったインテリジェント・ホームの為の市場を開拓することに協力することを決めました。KNXの仕様書は、2002の春に、新しく設立されたKNX協会により出版されまし。それはEIBの仕様書を基にしており、新しい設定メカニズムとBatibusとEHSで構築された通信媒体で補いました。

Logo
 

CENELEC

2003 年の 12 月、 TP (ツイスト・ペア)と PL (電力線) の2つの媒体としての KNX プロトコルは、欧州委員会に認可され、 EN 50090 欧州標準規格として CENELEC 技術事務局に承認されました。 2006 年 5 月に、通信媒体である KNX 無線周波数は、認可されました。

en 50090
 

CEN

KNX として、電気設備装置の自動化の為に使用される仕様だけでなく、 HVAC アプリケーションの為に、 KNX 協会がビルのオートメーション制御システムの欧州標準規格としての出版の為に CEN に提案した仕様も提供し続けます。 CEN はこの提案を受け入れ、 KNX の仕様 CEN によって EN 13321-1 と EN13321-2 として出版されました。

en 13321
 

ISO/IEC

欧州外の国の KNX 互換製品と証明されたテクノロジーのついての大きな関心を考慮して、 KNX 協会は、 KNX 標準規格が国際レベルとして認証される為の重要な第一歩を踏み出しました。 CENELEC でアクティブな国は、 2004 年末に ISO/IEC による標準化の為のヨーロッパの EN 50090 規格を提案しました。 2006 年の 11 月に、全ての伝送媒体( TP 、 PL 、 RF と IP )を含む KNX プロトコルは、出版物によって ISO/IEC 14543-3-x 国際標準規格として認定されました。これにより、 KNX は家とビルの制御の為の唯一の世界的なオープンな標準規格になりました。

iso 14543
 

SAC

互換性のある KNX 製品と KNX テクノロジーが中国で大きな関心であったのは、 KNX 協会が中国語に翻訳される国際 ISO/IEC 14543 標準化規格を獲得することが大きな理由でした。中国標準化委員会、 SAC TC 124   は中国で KNX 標準化規格を発表し、 2013 年 6 月に GB/T 20965 標準化規格として承認されました。

gbz 20965
 

ANSI/ASHRAE

他の自動化システムへのKNX の結合は、KNXとBACnetをマッピングしたISO 16484-5 のドキュメントも、アメリカのANSI/ASHRAE 標準規格 135と同様、国際的に標準化されています。