Zur Startseite

相互作用

ご紹介

相互作用は、 KNX の技術の主要な資産であり、 以下として定義されます:

「メッセージの送受信を行う製品が正確に信号を理解し、追加の機器なしで反応できる状況」

家と建築統制システムの使用で十分に利益をあげる為に、異なるメーカーの製品(「マルチ・ベンダー相互作用」)と異なるアプリケーション・フィールドの製品(「学際的な相互作用」)が相互に作用することは不可欠なものであります。

KNX相互作用:どのように行われるか

KNX 認定製品の為の KNX 相互作用の厳しい規則がある為、今日、 KNX 認定製品を使用するとどんなことでも可能となります:

  • まず初めに、KNXの商標がついてある 製品は、KNXの言語を「話して理解する」ことが義務付けられています。例えば、KNXシステムの仕様に規定されるように、接続されている媒体上のアナログ信号のビット及びバイトを正しく解釈することができます。
  • 第二に、全てのKNX認定製品は単一メーカー独立エンジニアリング・ツール(ETS™) によって設定することができ、使用されているデバイスのネットワーク・リソースは少なくともエンジニアリング・ツールによって読み取ることができます。
  • 最後に大事な点は、特定の機能を実現する場合、例えばランタイム実施中の温度の送信は、KNX 相互作用仕様により暗号化されている場合があります。全機能(スイッチ、減光、ブラインド、整数・浮動所小数点の値、日時、 HVAC モード、シーン制御等)の為に、KNX はデータ・タイプの完全な値を規格化しています。

KNX相互作用の利点

上記の方法は、今日 KNX の成功に大幅に貢献してきました。上記の厳しい規則の相互作用無しでは、以下は不可能となります:

devices small
  • ビルのオーナーがKNXのメーカーの大多数の製品の中から自由に選択できるようにする。
  • KNX の委託業者が単一規格とETSのような設定ツール使用することを許可する。
  • 世界中で統一されているトレーニング・プログラムで、数千人にのぼるKNX の委託業者をトレーニングする。
  • 単一メーカーは自身の製品のポートフォリオ内で自ら提供できない機能を持ち、その他のシステムを持つ相互運用により、メーカーがニッチ製品を開発できるようにする。
  • KNXメーカー間で、OEMマーケットを促進する。
  • KNXと他のシステム(DALI やBACnet等)間のゲートウェイ開発を容易にする