Zur Startseite

KNX RF デバイスの実施面

KNX RFデバイスの実装には、特別なKNXコンポーネントを必要としません。少量生産の場合は、開発時間と費用の削減の為に、既製品のRF モジュールを組みいれることが有用です。KNX RF ノードは基本的に以下の要素から成り立ちます:

トランシーバー・チップ

KNX RFには、専用のチップは必要ありません。今日、KNX RF ノードを実装で使用することのできるいくつかの可能なチップがあります。単一指向性のデバイスには、低コストの送信のみ可能のチップがご利用になれます。

RF 回路

トランシーバーは、受動素子RF 回路と一緒に形成されます。チップのメーカーのリファレンス設計に基づいて、回路はKNX RF の必須要件に準じてデザインされ最適化されます。

マイクロコントローラー

KNX デバイスの中核は、アプリケーション・タスク同様の通信を操作することができるマイクロコントローラーです。低電力消費量は、RF の為の最も重要な必須用件の1つです。トランシーバーに接続するインターフェイス・ロジックは、今日のコントローラーの 大部分で存在するべきです。

通信スタック

KNX標準規格は、高い実装と認証作業につながる複合プロトコルを定義しています。通信スタックは、設定プロシージャを含む、KNX RF デバイスの為のシステム・ソフトウェアです。トランシーバーを操作し、完全な通信を制御します。通信スタックはアプリケーション開発のためのインターフェイス(API)を提供します。