Zur Startseite

KNX PLデバイスの為の実施面

標準化されたBCUsとモジュール (PIM)は、ツイストペアに似たKNX PL (110)上で使用可能です。

BCU Bus coupling units (バス結合ユニット)」

KNX結合電気回路、マイクロプロセッェサを含むシステム・デバイスがあり、システム・デバイスは住居用として提供されます。デバイス開発者はアプリケーション・モジュール、アプリケーション・ハードウェアとソフトウェアのみ開発する必要があります。

PIM Powerline Interface Modules (電力線インターフェイス・モジュール)」

基本的にBCU の低い電圧部分に組み立てられています。PIMsはパーツと結合した他のネットワークを持つサーキット・ボードと繋がっているモジュールです。

通信スタックつきの ACIS

PL110 の為のASICは、ビットの送受信を担っています。電力線の為のASIC、KNX スタック等が基となっているKNXデバイス(通信ソフトウェア)の構築は重要です。 通信スタックはアプリケーションをプログラムする為のインターフェイスを含みます。

お客様に一番適切なデバイス

フラッシュ・ウォールが取り付けられているデバイス、もしくは少量生産の場合等のコスト効率の良いデバイスの開発にはBCUs が最も適しています。ある程度の生産量の場合には、回路図が利用可能なPIMs がお勧めです。ASIC付きのPLデバイスと通信スタックの開発には、BCUsとPIMsと比較すると多くの投資が必要です。従って、一般的には大量生産のみに向いています。