Zur Startseite

KNXnet/IPデバイスの実施面

イーサネットを経由するKNX テレグラムの送信は、KNX 標準規格の一部です。今日まで、この仕様はPC インターフェイスとルーターの為のこの媒体の使用を含んでいます。IP ルーターはイーサネットを主要ラインとして使用する以外は、ライン・カプラーに似ています。さらに、今日、KNX エンド・デバイスを直接KNX ネットワーク上のIPを経由して結合させることが可能です。これによるイーサネットが応答します。IP (インターネット・プロトコル)は、KNX 媒体を完全高く評価されています。KNXnet/IP デバイスの開発は、特別なKNXコンポーネントを必要としません。KNXnet/IP ノードは、基本的には以下の要素から成り立ちます:

イーサネット・コントローラー

イーサネット・コントローラーは異なる半導体のメーカーからご利用になれます。イーサネット・コントローラーは、KNXnet/IP の必須要件に準拠しています。ビットレート10 MBのコントローラーで一般的には十分です。

マイクロコントローラー

どのマイクロコントローラーを選択するかは、デバイスの為に計算した必要なパフォーマンスによります。KNXnet/IP は、主に8ビットのコントローラー上で実装することができます。アプリケーションのより強力なコントローラーに応じることも必要とされています。沢山のコントローラーが既にイーサネットのチップの為のインターフェイスとして提供されており、物理レイヤーと共に全部そろえる必要があります。

通信スタック

KNXnet/IPデバイスのシステム・ソフトウェアは2つのプロトコル・スタックに準拠しています。 イーサネットを経由する通信は、コネクションレスな通信が基盤となっている為、KNXnet/IP UDP (ユーザー・データグラム・プロトコル)を備えたIP スタックを必要とします。マルチキャスト・テレグラム同様ユニキャストは、UDP を介して送信されます。KNXスタックは、IP/UDPスタックの頂点に置かれています。これは、特に各デバイスのモデルの為に実装される必要があるKNX 共通のカーネルです。KNXスタックは、システムへのインターフェイスとしてIP/UDPスタックを使用します。KNX テレグラムからのUDPテレグラムへの変換は、KNXnet/IP を介して立証されます。KNXアプリケーションは、全システムと通信する為にKNX スタックのAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェイス)にアクセスします。

一番適切なソリューションは?

適切なハードウェアを選択することは、基本的にはアプリケーションの種類よります。特にKNXnet/IPデバイスの為に作られたハードウェアの実装は、既に市販されています。適切なスタックが提供されています。しかし、完全なデバイスの為の、UDPをもつIPスタックを基本的に含む、もっと強力なオペレーティングシステム、例えばLinuxは、使用することができます。この場合、付随のアプリケーション・プログラム同様KNXスタックが必要とされます。