Zur Startseite

開発を開始する方法

KNXは世界で唯一のバス・システムであり、ビル管理システムの為のツイスト・ペア、電力線、電波周波数、イーサネットIPの様な伝送媒体における全範囲を提供しています。伝送媒体は、簡単にKNX メディア・カプラーと結びつけることができます。KNX アプリケーションは、ETS、メーカー、製品と独立交換ツールと一緒に作動します。アイディア段階から完成した製品まで、KNX初心者がKNXの新しいデバイスに実装する際のよくある質問のリストは以下になります:

  • どのKNXメディアを使用するべきか (例. ツイスト・ペアか無線周波数か)。
  • KNX はどのソフトウェア要件を要求するか
  • どのコミュニケーション・オブジェクトで、どのデータ・フォーマットを使うべきか。どのようにプログラムされているか。
  • デバイスのハードウェア必要要件は何か。
  • 標準コンポーネントはあるか。
  • デバイスはどのように作動するのか。例:どの設定モジュールがサポートされているのか。
  • 開発中の支援の為の技術サポートはあるか。
  • 認証プロセスはどうなっているのか。

異なるメディアの為のマーケットで利用可能なKNX 標準コンポーネントについて把握することと、お客様のデバイスを開発する上で、どのソリューションが適しているかをよりよく理解することは非常に有用です。利用可能なKNXデバイスについての詳しい詳細については、こちらからご連絡下さい:

会社 ウェブサイト

Eelectron SpA

www.eelectron.com

Elmos Semiconductor AG

www.elmos.de

ON Semiconductor

www.onsemi.com

Opternus Components GmbH

www.opternus.com

Radiocrafts AS

www.radiocrafts.com

Siemens AG

www.siemens.com/gamma-b2b

TAPKO Technologies GmbH

www.tapko.de

Weinzierl Engineering GmbH

www.weinzierl.de

フライヤー