Zur Startseite

主な利点

KNX技術は、15年間以上にわたりKNXのヨーロッパのインストール・バス(EIB )、ヨーロッパのホームシステム(EHS)とBatiBUSのような前身技術を獲得して、知識と経験を蓄えた結果です。

1. 国際的な標準規格、将来性の確保

  • ISO/IEC  国際標準規ISO/IEC 14543-3として 2006年にKNXの技術を承認
  • CENELEC  欧州標準規格EN 50090として2003年にKNXの技術を承認
  • CEN  EN 13321-1 (EN 50090を少し言及したもの) とEN1332-2 (KNXnet/IP) として2006年にKNXの技術を承認
  • SAC  Chinese Standard 中国標準規格GB/T 20965として2007年にKNXの技術を承認
  • ANSI/ASHRAE  米国標準規格ANSI/ASHRAE 135 として2005年にKNXの技術を承認

KNX は家と建築統制の為の世界標準規格であると いうことが上記からわかります

2. 製品認証することで、KNXは製品の相互運用・相互作用を保証

KNX 認定プロセスは、異なるアプリケーションで使用される、異なるメーカーの異なる 製品が動作し、相互に通信ができることを保証します。これは拡張においても、インスタレーションの修正においても、高度な柔軟性を確保します。製品のコンプライアンスは中立的なのテスト施設(第三者)で確認されています。

KNX は、製品、トレーニング・センター(職業や民間機関)、さらには個人のための世界的な認証スキーマ(電気請負業者、ビルのデザイナー)を実行している家と建築統制の標準規格です。

3. KNXは高品質の象徴で

KNX協会は、製品の寿命のすべての段階での高レベルの生産・品質管理を必要とします。そのためすべてのメーカーは、KNX製品認証を申請する前に、ISO 9001に準拠しているということを示提示する必要があります。

ISO 9001のメーカーのコンプライアンスに加えて、製品は家とビルの電子システムのための欧州の要件だけでなく、国際標準規格に準拠する必要があります。疑わしい場合には、KNX協会は、認定された製品の再テストを要求、もしくは、ハードウェア順守の申告の根本となるメーカーのテスト報告書を要求とすることができます。

4. ユニークなメーカー独立エンジニアリング・ツール・ソフトウェアETS®

PCソフトウェア・ツール・ETSは、すべてのKNX認定製品の企画、エンジニアリング、および構成を可能にします。このツールは、さらにメーカー独立型 です。システム・インテグレーターは1つのインスタレーションに異なるメーカーの製品を組み合わせることができます。

5. KNXは家と建築統制の為の全てのアプリケーションに使用可能

KNX は、照明、セキュリティの為のシャッター制御、暖房、換気、空調整備、モニタリング、警報、水の管理、エネルギー管理、計測、ならびに家電製品、オーディオなどにわたる家と建築統制のやビルコントロールの為のすべての可能な機能 アプリケーションの為にお使いになれます。

KNX は、快適さと安全性を向上させ、エネルギーの節約と環境保護に大きく貢献しています(照明及び暖房の使用量共に最大50%削減)。

6. KNX ist geeignet für verschiedene Gebäudetypen

KNX は、新規ならびに既存のビル両方に使用することができます。 したがって、KNXのインスタレーションは、容易に拡張し、少しの時間と投資で新たなニーズに 適合させることができます(例えば、新規テナントを商業ビルに移動するとき)。

KNXは、一戸建ての家だけでなく、大規模な建物(オフィス、ホテル、会議センター、病院、学校、デパート、倉庫、空港など)にもインストールすることができます。

7. KNXは異なる設定モードをサポート

KNXはKNXのプロジェクトの実現のために異なるレベルのステップを提供します。KNX E- Modeを介して、非正規KNX電気請負業者は対処されます。S- Modeを介して、KNXからトレーニングを受けた請負業者を/インテグレーターは、洗練されたインスタレーションを実現することができます。異なるモードは以下のとおりです。

  • かんたんインスタレーション (E-Mode) 設定は中央コントローラー、コード・ホイール、プッシュ・ボタンを使用してパソコンのヘルプなしで完了します。E-Mode対応の製品は、通常、限られた機能を持っており、中規模のインスタレーションを対象としています。
  • システム・インスタレーション (S-Mode) : インストールと設定の計画は、メーカーの製品データを含むETSデータベースがあるインストールしたETSソフトウェアを搭載したパソコンを介して行われます。S-modeは、KNX公認プランナーや請負業者のために、大規模のインスタレーションを対象としています。

8. KNXは複数の通信媒体をサポート

各通信媒体は、各メーカーがターゲットの市場セグメントとアプリケーションのための適切な組み合わせを選択できるようにする為に、複数の設定モードと組み合わせて使用することができます。

  • ツイスト・ペア (KNX TP) KNXは、独立したバス・ケーブル、ラインとエリア上の階層的な構造を介して送信されます。
  • 電力線 (KNX PL) KNXは、存在するメインのネットワーク上で送信されます。
  • 無線周波数 (KNX RF) KNXは無線信号を介して送信されます。デバイスは一方向、双方向にもなります。
  • IP/ イーサネット (KNXnet/IP) この広範な通信媒体は、IPフレームでカプセル化されたKNXフレームのトンネリングやルーティングを可能にするKNXnet/IPの仕様と併せて使用することができます。

9. KNXは別のシステムとも結合可能

いくつかの KNX メーカーは、他のビル・オートメーション・システム、電話網、マルチメディアネットワーク、 IP ネットワークのような他のネットワークへのゲートウェイを提供しています。 KNX システムは、 BACnet オブジェクト(国際標準規格 ISO 16484-5 に記載されているように)にマッピングされたり、 DALI 技術を持つインターフェースへの可能性を提供することができます。

10. KNXはハードウェア・ソフトウェアから独立している

KNXは、任意のマイクロプロセッサー・プラットフォーム上で実現することができます。KNXは簡単な市場への導入のためならゼロから実装することができますが、KNXメーカーは、KNXシステム・コンポーネントの提供者に依頼することもできます。KNXのメンバーの場合は、 追加の使用料の完全無料です。