Zur Startseite

紹介

1999年5月に次の協会のメンバーがKNX協会cvbaを設立しました:

  • EIBA (ヨーロピアン・インスタレーション・バス協会)
  • EHSA (ヨーロピアン・ホーム・システム協会)
  • BCI (BatiBUSクラブ・インターナショナル)

この協会は、世界標準の家と建築統制のオーナーです:KNXとKNXの世界的な商標のロゴのオーナーでもあります。KNX協会はベルギーの法律によって営利を目的としない団体として規制されています。会員は、家や、照明制御、シャッター制御、ヒーター、換気、空調、計測、モニタリング、エネルギー管理、警報/侵入システム、家庭用器具、オーディオ/ビデオ等の建築統制の為のいくつかのアプリケーションの為の装置を開発しています。メーカーの次に、サービス・プロバイダー(公益事業、電子通信等)もまたKNX協会の会員になることができます。

構造

総会 - 協会の最高法的権限、議席を持っている全会員は少なくとも年に1回は、取り組む活動と次の年の予算を承認する為に集まります。総会のメンバーの間で5年の周期で 選ばれるこの 重役会は、KNX 標準規格の協会の策略と予算案に対しての責任があります。

重役会 (KEB) は2つの恒久的な委員会によって支援されています:

  • 技術委員会 (KTB)  この委員会はシステム/テスト仕様書と証明書のルールを含む、KNX 標準規格の承認と発展に対しての責任があります。 KTBはKNX技術的判断の最高組織です。KTBは、KNX の一部を適切な国際的標準化委員会に移動させる責任もあります。
  • マーケティング委員会(KMB)  この委員会は、コミュニケーションと標準規格の周りのKNX 協会の販促活動を含む、KNX 標準規格のマーケティング策略に対しての責任があります。KMBはKNXマーケティング判断の最高組織です。KMBは国内のKNXグループが異なるマーケットで取り組む活動に対しての責任があります。

マーケティング委員会と同様にこの技術は、いくつかのワーキング・グループ(WG)とタスク・フォース(TF)によって支援されています。全株主はさらなる展開とKNX標準規格の促進に参加することができます。 全てのアクティブなグループの概要はここで見ることができます。

パートナーシップ

会員の次に、KNX協会は世界125カ国、44.000以上のパートナーとパートナーシップ契約を結んでいます。パートナーシップのタイプは各対象グループによります。以下がKNX 協会とパートナーシップ契約を結んでいます:

タイプ 適応

会員

KNXメーカー

国内のグループ

各国のKNX会員の代表者

パートナー

電気工事請負業者はKNX 証明書を習得している

ユーザークラブ

経験豊富なKNXのシステム・インテグレータの為の情報交換プラットフォーム

トレーニング・センター

KNX公認トレーニング機関

学術パートナー

大学と技術専門訓練機関はKNXの研究に取り組む

関連パートナー

KNX友好的協会と機関

テスト施設

KNX の装置のソフトウェアのテストを行う施設

フライヤー