Zur Startseite

KNXのスマート・メーター

エネルギー・コストの上昇、商業性の必要性、環境保護は、より透明性なエネルギー消費を要求しています。年間のエネルギー請求書の一般的な開示は、この問題では役立ちません。このソリューションは、電気の供給の先にあります。インテリジェントな電力量計を使用することによって、電力消費者が消費量を表示することができ、電力を制御することができるようになります。 KNX では、エネルギーの責任ある使用に関するより詳細な選択肢が、電気のためだけでなく、石油やガスなどの熱、水や化石燃料のためにもあり、今すぐにご利用になれます。数多くの KNX コンポーネントは、すでに市販されています。

透明性

metering

建物の中で、消費者がより選択的なエネルギー消費パターンを達成するための 1 つの重要な要素は、可能な限り消費者自身が、使用中のエネルギー消費を直接監視できるようにすることです。長い間、私たちは車の中に現在の消費量を表示する燃料消費量測定器持っています。私たちは衝動的にアクセルを踏むか、アクセルをずっと踏み込んで運転した場合、燃料消費量が瞬く間に上がったり高いままになっていることがすぐに目で見て分かることができます。建物の中も同じである可能性があります。しかし残念ながら、ごく少数のビルのみ、そのような計量装置が装備されています。 「スマート・メーター」と呼ばれるこの方法は、エネルギー消費のインテリジェントな計測および表示を提供します。 自分自身がどこで何の為にエネルギーを使用しているかを把握している場合、電化製品の電源を切ったり、料金が安い時間帯に使用するなどに変更したりして、エネルギーの使用に関してより経済的な選択を行うことができます。

法的必須要件

metering

消費者は、住宅、商業施設、工業敷地内等の電気のために、彼らの消費パターンを見ることができる場合、この単純な事実で、消費されるエネルギーの意識を高めることができます。エネルギー・コストの削減に直面している人々は、すぐに消費量を減らすための適切な措置をとることができます。このような理由から、政策立案者は、電力消費量の透明性のためにインテリジェントな電力メーターの導入(スマート・メーター)を議論しています。法的必須要件は、電力会社がメーターのいずれかで、リモートまたは直接読み込まれる間隔制御エネルギー消費すく定期を用いて、お客様の施設で新しいエネルギー・メーターをインストールすることを規定し、適切な方法でお客様に結果が分かるようにしています。可能なオプションとしては、書面で、電力会社へのインターネットアクセスを介して、もしくは直接、エネルギー消費量についてお客様に通知することです。お客様にとっての利点は、年間のエネルギーの請求書を待ったり、前年度のメーターの読み取り値から推定される、見積エネルギー消費コストについて通知されるのを待ったりするのでなく、選択可能な間隔に基づいてエネルギー消費パターンについての情報を得ることができることです。しかし、この消費者の為の期待される利点は、法律上の必須要件は毎日のエネルギー測定値のみを条件として要求しているという事実によって削減され、電気エネルギーの計量に制限されるということです。二つ目の欠点は、消費者がが毎日のエネルギー消費曲線から多くの有用な情報を得ることはなく、個々の機器の消費パターンのために何らかの結論を引き出すことができなくなるということです。二つ目の欠点は、電気が暖房用に使用されていない場合には、エネルギー・コストは、ガス、石油や地域暖房などの燃料を参照していることです。

KNXのタスク

metering

私たちは、自分の部屋の温度、窓の換気状態、マンション / 住宅の使用状況に関する情報を得ていないとき、暖房費について通知されている顧客の実用性に疑問を持っています。各種機器の設定や、部屋が使用されているかどうかを知らない場合、顧客にとって電力供給のコストについて通知されることがどのように役立つのでしょうか?自分の部屋の温度、窓の換気状態や使用状況にに関する情報を持っているとき、顧客は、消費パターンと可能な節約、または使用パターンの最適化に関するより良い結論を引き出すことができるようになります。このような状況のために、 KNX は、エネルギー・データの計測器と組み合わせることができる視覚化および自動化ソリューションを提供しています。この実装の結果が、情報を得るために顧客が使用することができる活性エネルギー管理であり、さらに重要なことに、視覚ディスプレイ上に示されるユーザ・パターンの必要な変更を強調します。

結論

スマート・メーターの ROI (投資収益率)やを導入するための概念やコストの中立性は、非常に重要である。投資は、オンライン検針と請求を通した効率的な増加や、特に、エネルギー消費のコスト削減によって補われます。「コスト間のギャップ」は付加のサービスによって解決することができます。可能なオプションとしは、煙探知機、ガラスの破損センサー、室内暖房の制御、監視施設など居住者の生活機能のための持続的なユーザー情報、監視装置でがあります。 KNX の世界と計量装置及び機器の互換性が、これらのサービスのための重要な前提条件です。

フライヤー