Zur Startseite

KNX & M-Bus

KNX M-bus

EN13757-4 に従ったワイヤレス M- バスもまた、 Vol. 10 パート 3 に記述されてある関連した KNX 標準規格です。 KNX 標準規格の Vol. 7 パート 60 は、 KNX に M- バス計測情報のマッピングを説明しています。現在物理層とデータ・リンク層は、 EN 13757 の各部に準拠した KNX 計測として設計されています。アプリケーション層での EN 13757 と KNX 間の情報交換のためのルールを現在準備中です。物理レベルでのデータ交換は、現在すでに可能です。この基準で、単一の受信機を持つ KNX テレグラムだけでなく、 M- バス・テレグラム( EN13757 )を受け取ることができる KNX 製品を作ることができるようになりました。

M-Bus計測をKNX の世界に接続する

ヨーロッパにおけるメーターのリモート読み取りのための重要な基準は、 EN13757-x 「メーターとメーターの遠隔読み取りのための通信システム」です(いわゆる M- バス規格)。標準は、有線および無線の( 868MHz )メーターのリモート読み取りと定義されています。 KNX デバイスへの M- バスは、すでにいくつかの KNX メンバーによって実際に適用し、異なるデバイスのために開発中でされています。

QUNDIS™ AMR システム

QUNDIS AMR システム
QUNDIS AMR システム

消費値のリモート読み出しのためにオールイン・ソリューション

互換性のあるKNXのQUNDIS™ AMR遠隔メーター読み取りシステムは、マンションやアパートで水と熱の消費の無線遠隔読み出しのためのデバイスの完全に網羅して構成されています。これは、ラジオ対応の機械式水道メーター用のアドオン・モジュール同様、熱のコストアロケータ、お湯と水の電子水道メーター、熱用メーター、暑さと寒さの組み合わせのメーター等の様々なタイプを網羅しています。必要に応じて、無線M-バス標準規格に基づいて動作していないようなこのようなシステムへの外部メーターは、プレス・アダプターを利用して統合される場合があります。無線遠隔読み取りネットワークのためにセットアップは、バッテリーまたは電源ネットワーク・ノードが必要とされます。QUNDIS™ AMRは、計測された消費分の請求のための値を、簡単で安全かつ迅速な方法で提供します。それは、GSM、GPRS、パソコン、ブロードバンド・ケーブル・ネットワークを介した読み取り変換で、任意のWTT16ネットワーク・ノード(有線ベースまたは無線)が与えられた伝達システムとしてローカルか、または他の場所から、提供することができます。これは、少なくとも、工場から直接コントロールまたは請求システムへの消費値に依存する最新のインターネット技術と通信経路に依存します。

KNX の互換性のあるメーターは 300,000 以上のアパートに備えられています

QUNDIS™ AMRシステムの現在のすべての世代のデバイスは、EN 13757-3と-4に準拠しているワイヤレスのM-バス技術を使用しており、Vol.10パート3に規定されてあるKNX仕様と互換性があります。このタイプの機器は現在、ヨーロッパでは30万以上のマンションやアパートにインストールされています。QUNDIS™ AMRシステムは、シーメンス社製のGammawaveビル・オートメーション・システムとKNX環境下に統合されました。 消費データはGammawaveタッチパネル上で読み取ることができます。

お問い合わせ先: http://www.qundis.com


M-バスをKNX の世界に接続する

M-Bus

ゲートウェイは、M-バス・ラインと二つ線のKNXシステムとの間に配置されます。ゲートウェイは、M-バス・マスターとして機能します。8から最大16の値がM-バス・デバイスではサポートされています。データの読み出しは、周期的に行われるか、またはKNX読み取りテレグラムで行われます。

お問い合わせ先: www.bb-steuerungstechnik.de


WAGO-I/O-システムのKNX IPコントローラー

KNX IP controller

シリアル・インターフェースとレベル変換器と共に、 WAGO-I/O- システムの KNX IP コントローラーは、 M- バス・メーターを単に読むことよりも多くのことを行うことができます。

M-バス(メートル・バス)は、需給計器(電気、熱、水等)の異なるタイプを読み取るために使用されています。分散制御システムとしてWAGO-I/O-システムを用いて、M-バスは、シリアル・インターフェース・モジュールと会社の中継装置からのレベル変換の両方を介して、KNX IPコントローラーに接続されています。M-バス・テレグラムの評価は、既製の機能モジュールを介して内部アプリケーションで実行されます。 他の機能ブロックとの組み合わせで、アラーム/リミット値が処理されると、SMSまたは電子メールが生成されるようにしている。検針と全てのさらなるデータの両方が、KNX TP1を介して、またはイーサネット上のKNX IPを介して、グループ・アドレスを使用してSCADAシステムに送信することができます。さらに、任意のWebブラウザと任意の場所からコントローラのWebページにダイレクト・アクセスを提供する統合されたWebサーバーが、情報をグラフィカルに処理することができるようにしている。

お問い合わせ先: www.wago.com