Zur Startseite

学校を運営におけるスマート・メーター

タスク

エネルギーを使う意識的な取り組みは、地球の気候を保護する上での必要条件です。エンジニアリング・フィルム「ベイヤー」のコンセプトは、学生にエネルギーの使用を自覚することを促すことです。この為のエネルギー消費と日々の学校運営においての CO ₂ の排出量は、実際に立証されています。教師はこの情報を教材として使用することができるでしょう。

Smart Metering

ソリューション

KNX の学校(建物)の為の制御システムは、必要なデータを提供します。照明と暖房の為のエネルギー消費量は、 2 つのクラスで計測され記録されています。 CO ₂ 排出量とエネルギー費を含む このデータは、可視化システムを通して表示されます。生徒にやる気を与える点としては、 2 つのクラスが削減したエネルギー消費量を競争することができるということです。

実現

照明システムのエネルギー消費量は、 KNX の差動装置の電力センサーによって記録されています。開いている加熱バルブの温度が、暖房のエネルギー消費量を計測する為に使用されます。この値は、エネルギー省批評の計測が基になっており、 CO ₂ 排出量は現在の換算率( GEMIS データ・ベース、 Öko-Institute e.V. )を基にしています。その上、任意の荷重のエネルギー・データは、特別な教育用の電源出力による計測されます。タッチ・スクリーンは手作業のテストの入力を行う際に使用され、可視化の実現の結果となっています。

特徴

背景にある可視化システムは、クラスにある照明と暖房の機能をシミュレーションすることができます。この結果はタッチ・スクリーン上で表示されます。ユーザーは、利用可能な電子機器を、教育用の電源出力につなげられ、年間の CO ₂ 排出量を計測する為のラン・タイムの見積もりを入力することができます。

利点

若者間でエネルギー意識を推進することは、意識的に社会的シフトを行い、地球の気候を保護することに役に立ちます。KNXは、このタスクの為の基盤を提供します。エンジニアリング・フィルム「ベイヤー」は、興味がある学校にアドバイスを行い、個々のアプリケーションの為のコンセプトを最適化します。

お問い合わせ先:   info(at)ing-beyer.de