Zur Startseite

環境にやさしいKNX

家とビルの制御システムを使用することでエネルギー消費量を削減しました

KNX 協会が公開した研究は、 KNX に基づいて提供された家とビルの制御が、どのように最大 50% のエネルギーを削減したのかを説明しています。

気候変動と刻々と破壊される資源は、効率的なエネルギー利用が社会的問題の鍵であると意味しています。全エネルギー消費量の40%を占めているとして、ビルはかなりのエネルギーの節約の可能性を示しています。KNX は、ビルの為の厳密なエネルギー節約の要件を理想的に満たしているという意味で、ビルの自動化の為のエネルギー性能分類の上位の必須要件に一致しています。KNXのビルのシステム・テクノロジーのインテリジェント制御を通して、ビルのエネルギー消費量は半減することができます。

ビルのシステムのインテリジェント・コントロールはエネルギー消費量と関連する運営コストを何倍も削減します。これは、ドイツのビーベラハ応用科学大学、ビルとエネルギー・システム研究所 が成し遂げた結論です。これは、KNXのような現在の電子インスタレーション・システムの使用で成し遂げることができる、エネルギー節約の可能性の為の広域の研究に従っています。

以下が要約した結果です:

「様々な個々の交換の組み合わせることよる高いエネルギー節約の可能性を示す自動化の特定の機能は、今日、現在のバスと通信システム上のビルのシステム・テクノロジーを使用することによって成し遂げられることができます。」

ブレーメン応用科学大学 が実施した別の研究のプロジェクトでは、暖房のエネルギーのエネルギー節約例に基づいたKNXを使用することで、エネルギーの節約を成し遂げることができました(ブレーメン応用科学大学が最近実施)。情報と媒体技術の為のセンター(ZIMT) は、KNXの制御と暖房と照明の調整の為の設備を取り付けました。「通常」のオペレーションと「自動化」のもモードで比較する為に収集されたデータは評価されました。ビルは60-75 kWh/m2aという特定のエネルギー消費量を抱えています。2つのまったく同じ条件の教室は、テストの部屋として選択されました。1つは従来型のインスタレーションを取り付け、もう1つにはKNXの制御を取り付けました。

Energie sparen
Die intelligente Steuerung
 

4 年間に渡る計測を基に、 KNX の制御はエネルギーの消費量を劇的に 50% も削減したことがわかりました。これは、ビルの自動化に伴う費用を早いスピードで回収したことが明らかでス。照明だけで年間のエネルギー消費量は 230,000 kWh であり、 KNX バス・コントロールを導入してわずか 1 年で投資額を回収できたことを、ブレーメン応用科学大学は割り出しました。最終的には、オーナー/オペレーターと投資家だけでなく、地球・環境も、エネルギー消費量を削減して利益を得る結果となりました。

Die intelligente Benutzung

要約すれば、 KNX は以下のエネルギー節約を実現できます:

  • KNX のシャッター制御で最大 40%
  • KNX 1 つの部屋の制御で最大 50%
  • KNX の照明制御で最大 60%
  • KNX の換気制御で最大 60%

詳細

フライヤー