Zur Startseite

学術会議

2014年10月– ドイツ、ヴィスバーデンのラインマイン応用科学大学によって開催された会議

詳細 

隔年として、先週、KNX学術会議の組織とKNX学術パートナーの半年ごと全盛期を見ました。

2012 年度の(スペイン、グラン・カナリアで開催)とは正反対に、今回、KNX はより行き易い場所として、ドイツのフランクフルトから近い、ヴィスバーデンのラインマイン応用科学大学を選びました。

60人以上の異なるバックグラウンドから参加者を迎えました。また、この貢献は、このような背景、それらのいくつかの産業と学術パートナーに反映していました。

グラン・カナリア島で初めて行われたKNX学術会議として、今年は、トピックの新規性、プレゼンテーションの全体的な品質だけでなく、KNXの為のトピックの付加価値も追加で判断基準となるKNX学術賞獲得する最高のプレゼンテーションという貢献に票を投じるために、観衆は再び招待されました。

投票により、3位に、KNX通信にWIFIを使用する方法のGiraのピーズ博士のプレゼンテーション、2位に、強力なETSアプリケーション「Moovin」グループを実証するABB Newronシステムズのリ メン氏のプレゼンテーション、そいて1位に、KNXとセキュリティのTUウィーンのプラウス氏のプレゼンテーションが受賞し、1位のプラウス氏は賞金の3000 €の獲得しました。

再び前途多難な未来がKNXの先にあることを示している会議と学術会議は、直接または間接的にKNXの将来に影響を与える、技術的進化に関する意見交換のために高く価値のある会議として賞賛されました。

p>

 

2014年10月–ドイツ、ヴィスバーデンのラインマイン応用科学大学によって開催されたKNXの開発を始める為のワークショップ

詳細 

先週、KNXインターナショナルはドイツのヴィスバーデンで60人の参加者を迎えたKNXの開発を始める為のワークショップを、ラインマイン応用科学大学の主催の下開催しました。

ワークショップでは、存在する・将来性のあるKNX 会員の為に、KNX公認システムコンポーネントとスタック·ソリューションのすべての最も優れたKNXプロバイダが利用可能なKNX認定物理層の実装と、異なるマイクロプロセッサ·プラットフォーム上の異なるKNXデバイス・モデルの為のKNXスタックと、KNX開発環境について紹介しました。

KNX は、ワークショップを主催したラインマイン応用科学大学同様に、Elmos、 ise、 ON Semiconductor、Siemens、 Tapko、Weinzierlの様な会社の貴重な貢献にお礼を申し上げます。また、KNX相互運用/機能テストを実行するためのKNX認定を受けた試験施設としてのサービスを説明し、KNX製品認証プロセスの原則を共有する為に参加して下さったTÜV Rheinland にもお礼を申し上げます。

 

2012年11月:スペイン、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア大学によって開催された会議

詳細 

半年毎のあるKNX学術会議はスペインのラス・パルマス・デ・グラン・カナリア大学で2012年11月5、6日に開催されました。KNXシステム革新、セキュリティとウェブサービス、クライアント・ソリューション、相互運用、アプリケーションにわたるトピックの全20のプレゼンテーションが行われました。

KNX の学術アワード2012では、KNXの為に価値あるトピックが追加されているか、プレゼンテーションの明快さ、プレゼンテーションの全体的な品質等の基準に基づいた会議で、最も優れたプレゼンテーションが受賞しました。ウィーン工科大学のウォルフギャング カストナー博士が受賞し、トロフィーと合計€3000のチェックを獲得しました。

2日目の昼食後に、代表者はグラン・カナリア空港の管制塔を訪問しました。サンティア ゴゴンザレス ぺスタナ氏が私たちのガイドを担当してくださり、私たちの訪問を快く迎えて下さり興味深い訪問にしてくださった空港職員にはお礼を申し上げます。

プレゼンテーション、資料、写真はリンクをクリックすることで、ダウンロード可能です。

ドミンゴ ベニテス ディアス教授と彼の仲間のお陰で、会議をスムーズに進めることができました。ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア大学で開催できたことは大変光栄でした。

 

2010年11月:スペイン、ナバラ国立大学によって開催された会議

詳細

毎年恒例のKNX学術会議は、スペインのナバラ国立大学で2010年の11月4 、5日に開催されました。今回は、24人の講演者が全86人のの参加者に重要なトピックである、IP とKNX のウェブ・サービス、KNXとKNXが基となる新しいソフトウェアとアプリケーション、新しいインターフェイスとKNX システムの革命、開発について説明しました。

さらに、ジョージ ノイクシュバンドナー氏のプロジェクト「ビルの自動化のネットワークのふくそう制御:KNXの為の考慮すべき事柄 」にKNX 学術アワードが交付される場所でもある議会を訪問することでイベントは幕を閉じました。

写真とプレゼンテーションはリンクをクリックすることでダウンロード可能です。

カルロス フェルナンデス ヴァルディヴィエソとイグナシオ R.マルティアスのお陰で、会議を成功に終わりました。

 

2008年11月:Jan De Nayerlaan 5 のNayer Instituutによって開催

詳細 

KNX学術会議2008は、11月20、21日にセント・カタライン・ワーファのDe Nayer Instiuutで開催されました。70人以上が参加し、KNX IP、省エネ、相互作用等の様々な幅広いトピックについて聴講しディスカッションをしました。

KNXのウェブ・サイトでプレゼンテーションの内容を参照いただけます。

ヤン デルーア氏のお陰で、会議は成功に終わりました。

 

2007年11月: ドイツ、デュースブルグのFraunhofer Institute IMSによって開催された会議

詳細  

KNX学術会議2007は11月15、16日にデュースブルグのFraunhofer Institute IMSによって開催されました。

2日間でさまざまなテーマを網羅し、インテリジェント・ビルにおける技術のためのヨーロッパ有数の開発とテストセンターである、inHaus-Centreへの訪問することができました。ガイド・ツアーを提供して下さった研究所のスタッフのお陰で、同センターへの訪問は大変価値があるものとなりました。

KNX学術会議は、フォーラムのメンバーに、KNX関連の仕事を紹介し、私どもの業界のメンバーと連絡が取り合えるようにする為の機会でもあります。KNX会員には同様に、新しいプロジェクトやアイディアを紹介する機会でもあります。数年以上にわたり実りある協力関係が築かれ、会議が評判の良いものであることが証明されています。

私たちは、今一度、会議を開催する為にFraunhofer Institute IMSを会場として使用する機会を下さったシェーラー氏とトルステン スティーブンス氏と、会議がスムーズに進むように協力して下さったシグリッド ヴァン ケンペン氏に感謝をしたい思います。

 

2006年11月: オーストリア、ウィーンのTUによって開催された会議

詳細

KNX学術会議2006は、11月9、10日にウィーン工科大学で開催されました。オーストリア、ベルギー、チェコ、ドイツ、イタリア、ポーランド、イギリスから講師を迎えました。

歓迎会は、9日の夕方にウィーンの市のホールで開催されました。KNX 協会にとっての一流のビルでイベントを開催することは喜ばしいことでした。

そのイベントで、 KNX学術アワード2006に、賞を受賞するのに大変相応しいウィーン工科大学のウォルフギャング カストナー博士が受賞しました。博士の論文「ネットワークで繋がったビルの自動化システムにおけるセキュリティ」は審査員に非常に高く称賛されました。

ウォルフギャング カストナー博士と彼のチームは、会議が大成功に終わったことを祝福される値します。

 

2005年9月:イタリア、ピサのISTI Instituteによって開催された会議

詳細

Konnex学術会議 2005は、9月15、16日にイタリアのピサのIstituto di Scienza e Tecnologie dell’Informazione (ISTI) で開催されました。

バンディネリ氏と彼のチームのお陰で、会議が成功に終わったことに感謝いたします。

 

2004年10月:ドイツ、FHデッゲンドルフによって開催された会議

詳細

KNX協会は、8回目になるこの会議をデッゲンドルフ高等専門学校の協賛のもと開催しました。この会議の目的は、私たちの会員が代表を務める産業と、世界中の大学と高等専門学校が代表を務める科学界を再結成させることです。

この会議は、研究や推奨されるテーマにおける新しいアイデアの基礎でもあり、一方では新製品やシステム開発を開始地点でもあります。情報とパートナーシップの交換は、この会議の主な駆動力です。

KNX 協会 は、デッゲンドルフ高等専門学校主催による、2度目のKonnex 学術会議を開催しました。東ヨーロッパの見本市の代表者を含む60人以上がこの会議に参加しました。

学術会議は、KonnexメンバーやKonnex学術パートナー、すなわち、大学や専門学校の間の交換プラットフォームとして毎年編成されています。学生のプロジェクトのフレームワーク中で詳しく述べる様な、学術パートナーがKNX技術の為の更なる可能な革新を示す可能性が提供される場でとして、最新のシステム・ノベルティを紹介しています。

 

2003年10月:カッセル大学によって開催された会議

詳細  

Konnex学術会議 2003は、10月8、9日にドイツのカッセル大学で開催されました。

インゴ スタドラー氏のお陰で、会議は成功に終わりました。