Zur Startseite

KNX学術パートナーについて

KNX scientific

パートナーシップの目的は、コミュニケーションを成立させ、大学、工科大学、研究機関とKNX協会の会員の間で相互の情報交換を行うことです:

  • KNX協会とKNXの会員から、学術パートナーにKNXの情報を伝える。そして学術パートナーから、適切な教育と、研究構想をKNX協会とKNXの会員に伝える
  • 関係するトレーニングと学生の為の教育をサポート、強化する
  • 会議、または重要なコミュニケーションの場を意味するフォーラムとしてのワークショップを実施、計画する
  • KNX協会とKNX協会の会員が、KNXの研究と教育をサポートすることを可能にする

特権 / 利益

KNX協会は、次の事項を提供します:

  • 広告または、KNXに関係のあるお客様の書類に、学術パートナーのロゴが利用可能(便箋、封筒、名詞など)
  • KNX仕様書の最新バージョンつきのA CD-ROM
  • 家と建築統制の為のKNXハンドブックのコピー
  • KNX協会のホームページを介して検討され、お客様の組織が国際データベースのセンターのリストに載ることが可能(ご希望の場合のみ)
  • KNXジャーナルを無料で購読可能
  • KNX 協会が学術パートナーと共同で開催するKNX学術会議に参加する権利
  • キュメントとツールの複数バージョンがダウンロードできる、FTPサーバーにアクセス可能;
    • KNX 仕様書(更新有り)
    • ETS4 Professional (1ライセンス付き)
    • ETS4 Lite (10 ライセンスまで)
    • EITT (1 ライセンスつき)
    • KNXシステム部品の無料のサンプルを利用可能
      • KNX製品の開発に興味があるメーカーは、認定KNXのシステム・コンポーネントのリソースが利用可能。研究の為の機関、または学生の論文の為の場合は無料のコンポーネントが利用可能。
    • KNXトレーニング用の全書類:KNX基礎、KNX応用、KNX指導者用コース